Top >  グレーゾーン金利について >  クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング

グレーゾーン金利で貸付を行っている貸金業者としては、消費者金融や商工ローンなどが話題にのぼりますが、クレジットカードのキャッシングもグレーゾーン金利の場合も多いです。

大手のクレジットカード会社だから法定金利以下だろうと思っていると、多くの場合、利息制限法の上限を超えたグレーゾーン金利で貸付を行っています。
自分が借り入れているキャッシングの利率を確認してみましょう。

 10万円未満の借入 年20%まで
 10万円以上 100万円未満の借入 年18%まで
 100万円以上の借入 年15%まで

これを超えた利率であれば、グレーゾーン金利ですから、そのクレジットカードのキャッシングについても、過払い金返還の可能性があります。

クレジットカードでのキャッシングは、とても手軽ですので、利用しやすいですよね。
長期に渡って、借り入れを起こして支払いを続けている人は、過払い金が発生しているかもしれないです。
自分は消費者金融から借りていないからとあきらめずに、専門家に相談、または利息の引きなおし計算をしてみるとよいでしょう。

銀行系のキャッシングについても同様に確認してみましょう。

         

グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利の撤廃が決まり、テレビや新聞などでも「グレーゾーン金利」という単語を聞くことも多かったと思います。 グレーゾーン金利とは何なのか、どのように撤廃が決まったのかについて説明しています。

関連エントリー

みなし弁済とは クレジットカードのキャッシング グレーゾーン金利の発生の仕組み グレーゾーン金利に対する司法判断 グレーゾーン金利に対する行政の対応 グレーゾーン金利とは


スポンサードリンク
更新履歴